美甘麗茶は妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なの?気になる危険性は?

美甘麗茶は妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なの?気になる危険性は?

 

美甘麗茶は、厚生労働省の分類基準では「食品」に該当します。

 

特定保健用食品のように、特定の作用に対して期待された成分を含んでいるわけではありません

 

しかし、美甘麗茶は「デトックスティー」としての期待を高めるために、7つのお茶をブレンドしています。

 

「デトックスティー」の美甘麗茶は、妊娠中授乳中に飲んでも安全なのか心配している方も多いはず。

 

ここでは、美甘麗茶の成分と胎児や乳児に影響がないのか、詳しく解説していきましょう。

 

>>美甘麗茶の公式サイトはこちら

 

美甘麗茶に含まれる成分

美甘麗茶は、身体の循環をスムーズにして、疲れた体に溜まった老廃物を排出させる期待ができます

 

また、ノンカロリーノンシュガーノンカフェインなので、身体にとってもよいお茶であることもわかりますね。

 

では、美甘麗茶にブレンドされている成分と作用をみていきましょう。

 

美甘麗茶はいつ飲むのが効果的?詳しくは「いつ飲むのが一番効果的?美甘麗茶の効果をより実感する飲み方は? 」で解説していますよ。

 

 快便を促す作用が期待できる成分を含む茶葉

キャンドルブッシュ

 

 身体の巡りを整えたり酸化物の抗酸化を期待する成分を含んだ茶葉

甘茶・ルイボス・黒豆・クマザサ

 

 脂肪を落とす期待を高める成分を含む茶葉

カワラケツメイ

 

 余分な水分を排出させる期待を高める成分を含む茶葉

コーン茶

 

公式サイトには、妊娠中の方でも安心して飲めると記載されています。

 

しかし、この中には、妊婦さんや出産後の授乳時期に飲むのを控えたい成分も含まれています

 

妊娠中・授乳中は、身体が普段よりデリケートになっているので、かかりつけ医や薬剤師に相談しましょう

 

妊婦さんや授乳中の人が注意したいのは次の成分

 

美甘麗茶が、身体にいいお茶であるとはいえ、1度に大量に飲まないよう注意したい成分があります。

 

それは、以下の2つです。

 

キャンドルブッシュに含まれる「センノシド」

医薬品として、下剤に使われる薬用植物が含まれています。

 

あくまで美甘麗茶は、ダイエット茶なので、医薬品と同等の下剤効果があるとは言えません

 

しかし、美甘麗茶には1日あたりの摂取量が決まっていませんので、過剰摂取することは避けた方がよいでしょう。

 

美甘麗茶に副作用はあるの?過剰摂取による下痢には注意しましょう!

 

カワラケツメイ・キャンドルブッシュに含まれる「ポリフェノール」

カワラケツメイには、「カテキン」とキャンドルブッシュに含まれる「タンニン」、「フラボノイド」などのポリフェノールを含んでいます。

 

こちらもセンノシドと同じく、健康食品であることには変わりありません。

 

しかし、心配な妊婦さんや授乳中の方は、美甘麗茶を飲む量や濃さを薄くして摂取することオススメします。

 

まとめ

美甘麗茶はノンカフェインで、妊娠中や授乳中の方が飲んでも安全であることがわかりました。

 

カフェインレスですと、妊婦さんには貧血のリスク回避の効果があったり、授乳中のお母さんにとっても飲みやすい印象がありますよね。

 

しかし、いくら身体によいお茶とはいえ、過剰摂取は控えましょう

 

身体の状態によってもお茶の影響は違ってきますので、注意が必要ですね。

 

また、胎児や乳児への影響が心配な方は、病院で相談してから飲むことをオススメします。